スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

冬の終り《君への想い1》

冬の終り《君への想い1》

 彼が亡くなった日は、大阪に珍しく雪が積もった日だった。
幼なじみの彼ー狩野高志ーに、友情ではない特別な感情を抱いたのは、中学3年の冬だった。
想いを伝えることもできないまま、彼は一人、サヨナラも言わずに逝った。
僕に残されたのは、彼の寂しげな笑顔だけだった。

音もなく舞い落ちる風花

僅かに触れただけで

胸元や 手のひらや 足元で

儚く悲しく消えてゆく

消え去っていったものは

二度とこの手にもどらない

どんなに願っても

どんなに求めても

それは 君の命と同じ



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
クリックしていただけると嬉しいです♡
関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。