スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

赤の風景 4

赤の風景 4

俺の言葉に二人とも絶句する。
「……俺たちを……軽蔑するのか?」
山崎が兄を庇うように抱き締めた。
「たとえ男同士でも、人が人を愛することに変わりはないだろう!」
憎しみに満ちた目で、山崎が俺を睨みつける。その言葉は俺の胸を貫いて、心に大きな穴を穿つ。そこから溢れ流れ出す血は熱く、俺自身を赤く染めて融かしてしまいそうだ。
人と人…… 
そう言うのなら、俺と兄も人と人ではないのか?
兄と同じ血が流れている。ただそれだけで俺の想いを告げることはできないのだ。
たとえどんなに愛していても! 
その想いが強ければ強いほど、兄と山崎に対する憎しみも深くなる。できればここで、二人の胸にナイフを突き立て心臓を抉り出してしまいたい。そして永遠に兄を俺のものにしたい。





ブログランキング・にほんブログ村へ
ぽちっとクリックお願いします
関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。