スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
謹賀新年  ←謹賀新年 【--年--月】の更新記事一覧 →赤の風景 11  赤の風景 11
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

赤の風景 10

赤の風景 10

「……ふっ……あっ! やめ……ひろき……」
溢れてくる二人の唾液が、かさなり合った唇の隙間から次々と流れ落ちる。
頭の中に、兄の裸体を思い描きながら山崎を貪り続ける。
「ひぃー」
ときどき山崎の口から、息を吸い込む音がする。
呼吸ができなくて苦しいのか、身を捩って逃げようともがいた。
唇を離してやると、山崎はゼーゼーと喘ぎながら俺を睨みつける。
「どういう……つもり、だ……?」
途切れ途切れに訊く声が掠れてしまっている。
「あんたを今から抱くんだよ。あんたが兄貴にしたようにさ」
シャツをはだけ、ジーンズの前を寛げて露わにする。
山崎の胸の尖りが赤く色づいていた。
「何? 感じてんの?」
爪先で乳首の先端を引っ掻いてやる。
「うっ! あぁ……」
「男でも感じるんだ? あんた、いやらしいね」
ふんと、鼻で嘲るように笑ってから、掬いあげるように山崎の乳首を舐める。
舌先に力を込めて何度も繰り返し弄ぶ。
「やめろ……」
言葉とは裏腹に、山崎は昂ぶっていった。





ブログランキング・にほんブログ村へ
ぽちっとクリックお願いします
関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
謹賀新年  ←謹賀新年 【2013年01月】の更新記事一覧 →赤の風景 11  赤の風景 11
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。