スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

赤の風景 11

赤の風景 11

真っ赤に膨れ上がった乳首を噛んでくっと強く引っ張ると、山崎は苦痛の声を上げて身悶える。
しかし、彼の陰茎からは、ポタポタと透明な蜜が溢れて零れ落ちていた。
「痛いの、好きなんだ?」
「……ちが……もう、やめろ……」
「なんで? もっと気持ちよくしてやるよ。兄貴が喜んでたのとおんなじようにさ」
「なんで……?」
山崎が縋りつくような瞳で俺を見つめながら問いかける。
「なんで?」
鈍感な山崎に苛立ちを覚える。
山崎を、足を掴んでひっくり返してうつ伏せにすると、俺はその窄まりに強引に自身を押し込もうとした。
「うわあっ!」
山崎の悲鳴が上がる。そこは頑なに俺を拒もうとする。
「いっ! いやだっ!」
「じっとしてろよ! あんた、いつも兄貴にこんなことしてんだろ!」
「ひぃっ! あう!」
濡らすことも、解すこともせず、強引に山崎を貫く。
俺の怒張に堪え切れずに、裂けたそこから真っ赤な血が、洗いたての真っ白なシーツの上に、まるで花弁が散るように滴り落ちた。





ブログランキング・にほんブログ村へ
ぽちっとクリックお願いします
関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。